ブログ

2017.12.07

ドーピング検査は1964年東京オリンピックがきっかけ

ドーピング検査は1964年東京オリンピックがきっかけ

2017年12月5日(日本時間6日)国際オリンピック委員会(IOC)はロシアの組織的なドーピングを認定し、2018年韓国・平昌オリンピックから排除することを決定しました。
このドーピングとはいつから問題になり、検査されるようになったのでしょうか。
1964年(昭和39年)の東京オリンピックの際、国際スポーツ科学会議(ICSS)が東京で初めて開催され(10月3日〜8日)、各国で様々に決められていたドーピングの定義を統一し、各国に罰則を含むドーピング対策を打ち出すよう勧告しました。そして次の1968年のメキシコ・グルノーブル大会からドーピング検査が実施されるようになりました。
詳しくは来年2月に刊行予定の「新聞集成昭和編年史」39年版Vをどうぞ

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。