ブログ

2019.03.06

昭和40年(1965年)7〜8月の主な出来事−社会編


2月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」40年版IVは昭和40年(1965年)7〜8月の記事を収録していますが、その期間に起きた主な出来事です。事件・事故・公害・災害・社会運動・医療福祉などの社会問題です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」40年版IV巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和40年7〜8月社会の主な出来事

7.1・厚生省の専門化検討会、新潟県下の有機水銀中毒事件について「工場排水に含まれたアルキル水銀で汚染された魚貝を食して発生」と結論
7.3・吉展ちゃん誘拐殺人事件の容疑者が犯行自供。5日遺体発見、事件後2年3ヵ月ぶりに解決
7.4・参議院選挙で専売公社幹部らが販売組織に得票割り当て。125人起訴
7.4・参議院選挙で全繊同盟が各組織委員長らを買収
7.4・参議院選挙で、鹿島建設ぐるみの買収
7.5・警視庁捜査一課、吉展ちゃん誘拐事件容疑者の自供によ
り、東京南千住の円通寺境内で被害者の遺体発見
7.7・東京地検、金融業者森脇将光を法人税法違反等で追起訴。37〜39年の3年間で約38億円を脱税
7.12・新潟県衛生部、阿野賀川下流の魚の販売を禁止
7.14・最高裁、和歌山県教組事件について職員団体に非職員の加入・役員就任を禁じた地方公務員法は合憲と判決
7.21・厚生省、新潟県阿賀野川流域在住で頭髪から多量の水銀が検出された女性への避妊指導実施を決定
7.21・厚生省、39年の簡易生命表を発表。平均寿命は順調に伸び男は67.67歳女は72.87歳
7.26・東京地検、吉展ちゃん誘拐事件の容疑者を営利誘拐・殺人・死体遺棄・恐喝罪で起訴
7.27・サハリン(樺太)墓参団が戦後初めて墓参に出発
7.29・神奈川県座間町で警官2人を殺傷した少年が東京・渋谷の鉄砲店に押し入り、店員を人質にしてライフルを乱射、16人に重軽傷を負わせて逮捕される
7.31・南太平洋戦没者慰霊団、サイパン・トラック・パラオ・グアム方面での遺骨収集・慰霊祭実施のため羽田を出発
7.- ・東京都のゴミ捨て場夢の島にハエ大量発生、江東地区一帯に飛来、問題化
8.3・長野県松代町付近で地震。「松代群発地震」の始まり
8.5・朝日新聞社、ベトナム戦争について世論調査を実施(〜8.6)。国民は平和的な話合いを切望し、日本の巻添えを心配
8.6・日本被爆者団体連絡協議会(森滝市郎理事長)主催の原爆死没者慰霊祭、広島市で開催。被爆者だけの主催による初の慰霊祭
8.14・東京地検、吹原産業事件で吹原弘宣・森脇将光ら3名を詐欺罪等で追起訴
8.14・「戦争と平和を考える」徹夜のティーチ・イン、赤坂プリンスホテルで開催。東京12チャンネルテレビ実況中継が途中で打切られ、問題化
8.18・日本青年海外協力隊事務局、フィリピン・マレーシア・ラオス・カンボジア4ヵ国へ38人の隊員派遣を決定
8.25・岩手県岩手郡で炭疸病が集団発生
8.25・新潟県内の17団体、新潟水俣病問題で民主団体水俣病対策会議(民水対)を結成
8.30・八海事件再審差戻し審で、広島高裁が阿藤ら4被告に有罪判決。弁護側は直ちに上告
8.30・小林章参院議員、専売公社ぐるみの選挙違反で警視庁に任意出頭

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。