ブログ

2019.05.17

昭和40年(1965年)9〜10月の主な出来事−世界編

昭和40年(1965年)9〜10月の主な出来事−世界編

4月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」40年版Vは昭和40年(1965年)9〜10月の記事を収録していますが、その期間に世界に起きた主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」40年版V巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和40年9〜10月の主な出来事 世界

9.1・インド・パキスタン両軍、カシミールで衝突(印パ戦争)
9.6・印パ戦争で、インド軍、ラホール地区に侵入。パキスタン、非常事態宣言。インド首相、「全面戦争」と明言
9.6・安保理再開、第二次印パ戦争の停戦要請決議を全会一致で採択
9.7・米、東南アジア条約機構など同盟国はパキスタン支援の義務なしと声明。ソ連、印・パ両国に即時停戦を要請。中国はインドを非難
9.18・インド首相、「中共軍が中印国境を越えて侵入」と国連へ通告
9.19・コイスギン・ソ連首相、インド・パキスタンに調停とソ連領内での会談を提案
9.20・国連安保理、第2次印パ停戦決議を賛成10反対なし棄権1(ヨルダン)で採択。8月5日の線までの撤兵など。両国受諾、22日午後10時停戦発効
9.21・インド軍と中共軍、中印国境で交戦。1962年の中印国境紛争以来初めて
9.23・印パ戦争の停戦、グリニッジ標準時22日午後10時に発効。印パ国連停戦監視団発足
9.27・国連安保理、印パ戦争における停戦の履行と両軍の撤退要請決議を採択
10.1・インドネシアでウントン中佐らのクーデタ失敗(9.30事件)
10.2・スハルト少将が臨時陸軍司令官に任命され、ジャカルタに戒厳令布告。陸軍、インドネシア共産党機関紙「ハリアン・ラヤット」発禁
10.3・ジョンソン米大統領、自由の女神像の足元で新移民法に署名。年間約30万人の受入れ数を約35万人に増
10.3・インドネシア陸軍、共産党の大量逮捕と虐殺開始。スカルノ大統領、ラジオで武力紛争中止を呼びかける演説。空軍情報部長、「将軍評議会」など存在しなかったと発表
10.3・キューバの革命家エルネスト・チェ・ゲバラがキューバ国籍を放棄し、「帝国主義と戦う」ため南米に出国、とカストロ首相が発表
10.4・ソ連、月ロケット「ルナー7号」打上げ。8日、月に到達
10.8・ジャカルタのスタジアムで44の団体約50万人が大反共集会を開く。数千人のデモ隊が共産党本部を焼き打ち
10.11・インドネシア・クーデターの首謀者ウントン中佐、中部ジャワのトゥガルで逮捕される
10.14・回教徒を中心とするインドネシア反共デモ、反華商・反中国デモに発展。中国系のレス・ピュブリカ大学を焼打ち
10.15・米カリフォルニア州バークレーで1万人がベトナム戦争反対デモ。ニューヨーク・ボストンなど各地に波及
10.16・スカルノ・インドネシア大統領、スハルト少将を陸相兼陸軍最高司令官に任命。武装部隊、中国大使館に乱入
10.18・インドネシア軍当局、共産党(PKI)および共産党系軛賃里琉貮瑤魘愡
10.29・南ベトナム解放戦線部隊(ベトコン)がダナンとチュライ米軍基地を攻撃、米空軍機80機を破壊
10.30・アジア・アフリカ外相会議、アルジェリアの首都アルジェで開催。39ヵ国参加

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。