ブログ

2019.12.03

昭和41年(1966年)3〜4月の主な出来事−社会編

昭和41年(1966年)3〜4月の主な出来事−社会編

11月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版IIは昭和41年(1966年)3〜4月の記事を収録していますが、その期間での社会関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版II巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年) 3〜4月の主な出来事−社会編

3.1・原水禁国民会議(社会党・総評系)主催「3.1ビキニデー中央集会」、横須賀市で開催
3.4・カナダ航空DC8型機、濃霧で羽田空港防潮提に激突し炎上、死者64人
3.5・羽田空港沖で海上保安庁ヘリコプターが全日空墜落機の遺体捜索中に墜落、乗員3人死亡
3.5・英国海外航空(BOAC)ボーイング707型機、富士山付近で空中分解し墜落、124人全員死亡
3.8・三島市の社会保険三島病院でチフス発生、この日までに看護婦5人、給食職員1人を隔離。チフス菌事件
3.14・韓国警備艇、済州島西方の共同規制水域内で操業中の日本漁船団に発砲し「第53海洋丸」と乗組員を連行
3.15・前年死亡が発見された3羽のコウノトリについて、死因は水銀農薬と判明。文化財保護委員会の依頼を受けた学者の発表
3.17・東京地裁、「吉展ちゃん誘拐事件」(38年3月31日)の被告に死刑判決
3.17・三重県津市で、県下137漁組中66組合代表により県下漁協代表者大会を開き、原発建設反対を再確認。また熊野灘沿岸漁民約2000人が、海上で原発反対の示威運動
3.22・長野県の東京電力梓川水系ダム建設現場で1500立方メートルの土砂崩れ。出かせぎ労務者11人が生き埋め、死亡
3.22・北海道歌志内市の空知炭鉱で坑内ガス爆発、12人死亡
3.23・新潟県西頸城郡名立町の農業用水トンネル工事現場でガス爆発。下請け作業員ら5人死亡
3.24・最高裁、青梅事件につき事実誤認で原判決破棄差戻し判決
3.24・新潟県阿賀野川流域の有機水銀中毒事件を調査中の厚生省特別研究班、中間報告。工場廃水の疑いは濃いが断定は尚早と結論。討議の当初は、厚生省特別研究班は工場廃水が原因としていたが、科学技術庁や通産省などの強い反論を受け、中間報告となった経過、報道される
3.26・厚生省、群馬県高崎市にわが国初の重症心身障害者コロニー「心身障害者の村」の建設を決定
3.31・韓国警備艇に捕獲された「第53海洋丸」、17日ぶりに下関港に帰港
3.31・高松高裁、森永ヒ素ミルク事件で、一審の無罪判決を破棄し徳島地裁に差し戻し判決
4.2・東京大学地震研究所、長野県松代市で地下に大規模な変動と発表。1日からこの日にかけ頻発地震6596回
4.3・椿忠雄新潟大学医学部教授、日本内科学会で「新潟の水俣病は工場の廃液で発生」と発表
4.4・喜田村正次神戸大学医学部教授ら、日本衛生学会で「新潟の奇病は工場廃水に由来する有機水銀中毒である」と発表
4.7・千葉大付属病院医局員、千葉など3県でチフス菌や赤痢菌の人体実験をした容疑で逮捕される
4.11・新潟地検、新潟県知事選の公職選挙法違反事件で塚田前知事を不起訴処分に決定
4.13・韓国済州島沖で三重県の冷凍漁船と韓国漁船が衝突。韓国漁民5人死亡1人不明
4.14・新潟市で有機水銀の被害を受けた母親から生まれた女児に脳性小児マヒの疑いがある、と新聞報道
4.15・東京都新宿赤十字産院の乳児結核発病率が異常に高く厚生省が調査。前年から29人発病、うち1人死亡を確認
4.17・長野県北信地方で午前10時21分から午後8時28分の間に6回の強い地震、松代町を中心に震度5が3回
4.21・政府の全日空機事故技術調査団(木村秀政団長)、気象・エンジン関係に原因となる要因はないとの報告を確認
4.22・新潟大学医学部公衆衛生学教室、佐渡で死んだ国際保護鳥トキ2羽から農薬に含まれる水銀を検出

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。