ブログ

2020.05.12

昭和41年(1966年)7〜8月の主な出来事−社会編


4月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版IVは昭和41年(1966年)7〜8月の記事を収録していますが、その期間での社会関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版IV巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年) 7〜8月の主な出来事−社会編

7.10・四日市市で公害病患者、病苦と生活苦で自殺。公害に死の抗議
7.11・広島市議会、保存すべきか否かで 論議された原爆ドームの永久保存を決議。補強のための工費は全国から募金
7.15・東北地方で豪雨。新潟県で加治川決壊
7.20・社会党・総評系と日共系の両実行委共催、アメリカのハノイ・ハイフォン爆撃抗議全国統一行動。中央集会に3万2000 人参加
7.23・京都府警、永井青蓮院事務局長を業務上横領容疑で書類送検。29年から6年間に「大手鑑」など重文11点を勝手に売却、 横領額は約700万円。5月、東京で「大手鑑」を質入れした美術ブローカー2人の逮捕から判明。青蓮院重文売却事件
7.26・性病予防法改正公布。性病患者の届出制度簡素化、婚姻時の梅毒血液検査を義務化など
7.31・総評第31回大会開催。議長に堀井利勝を選出
8.3・原水協主催第12回原水禁世界大会国際予備会議で、中国派16ヵ国が大会脱退
8.11・日米合同レイテ遺骨収集団、初の遺骨収集のため東京国際空港を出発(〜8.18)
8.11・ベ平連、「ベトナムに平和を!日米市民会議」を東京で開催 (〜8.14)。日本側開高健・丸山真男・日高六郎ら63人、米側 7人、他8ヵ国が参加
8.13・福岡地検、三井三池炭鉱炭塵爆発事故(38年11月、458人死亡839人一酸化炭素中毒)の刑事処分で全員不起訴と発表
8.16・厚生省、平均寿命を男67.73歳、女72.95歳と発表。英・仏・ 独並みの数字
8.17・主婦連、熱湯を入れたユリア樹脂製食器の93%からホルマリン検出と発表し、厚生省に製造販売禁止を要望。10月、 厚生省は新しい衛生規格基準を告示し業者の自主規制を求 める
8.18・警察庁、犯罪白書「昭和40年の犯罪」を発表。少年による凶悪犯罪数は17歳が最高と指摘
8.18・6月の清水市強殺・放火事件で袴田巌が否認のまま逮捕される。袴田事件
8.25・初のモンゴル墓参団15人、ウランバートル郊外のアムラルト・ホジルブロン両墓地で慰霊祭を行う
8.25・九州で日本脳炎が大流行。福岡県下の17市町村に全国初の日本脳炎特別多発地域指定
8.26・大島正同志社大教授、給与所得者の過重な所得税負担は違憲と京都地裁に提訴。サラリーマン税金訴訟、大島訴訟
8.- ・岡山県倉敷市内で数度にわたり淡水魚、大量に斃死。工場廃液に原因(〜9月)


▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。