ブログ

2020.05.13

昭和41年(1966年)7〜8月の主な出来事−教育・科学・文化・スポーツ編


4月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版IVは昭和41年(1966年)7〜8月の記事を収録していますが、その期間での教育・科学・文化・スポーツ関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版IV巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年) 7〜8月の主な出来事−教育・科学・文化・スポーツ編

7.1・閣議、古都保存法に基づき奈良県の天理・ 橿原・桜井各市、斑鳩町・明日香村を古都に指定する政令決定
7.2・能研の「進学適性能力テスト」と「職業適 応能力テスト」、全国の2031会場で一斉に実施
7.12・鈴木大拙没(95歳)仏教哲学者
7.13・東京都教育委員会(田中義男委員長)、都立高校入試制度改善の基本方針を決定。学校群新設・内申書尊重・学力試験3教科制
7.17・TBS『ウルトラマン』放送開始(〜42年 4月9日)。円谷プロダクション製作。毎回のように趣向を変えた新しい怪獣が出る ことで怪獣ブームを作り出す
7.17・巨人の堀内恒夫投手、サンケイ(現ヤク ルト)を5安打で完封し、連勝11で新人投手の無敗連勝記録を24年ぶりに更新
7.27・私立大学問題懇談会「当面する私立大学の諸問題について」文相に意見書提出。理事機関の権限強化や経営規模の抑制など
7.- ・和製フォークソング第1号、マイク真木の『バラが咲いた』が大ヒット。フォークブーム起こる
7.- ・フジテレビ『マグマ大使』放送開始。手塚治虫原作
8.6・東洋の魔女「ニチボー貝塚」、世界バレーボール代表選考会でヤシカに敗れ、連勝記録は258連勝で終る
8.15・小泉信三『海軍主計大尉小泉信吉』 (文藝春秋)出版、年末までに40万部が売れる。同書は私家版のみで著者が公刊を許さず、「幻の名著」といわれていた
8.22・第11回太平洋学術会議、40年ぶりに東京で開催。参加国60・参加者5906人・発表論文数約2000
8.- ・イタリア生れのネズミの操り人形『トッポ・ジージョ』が来日、テレビに登場して人気を呼ぶ。翌年までブーム
8.- ・京大アフリカ類人猿学術調査隊、タンガニーカ湖畔でチンパンジー・グループの餌付けに成功
8.- ・桑原武夫・末川博・江口朴郎ら学者・文化人884人、2月11日を「建国記念日」とすることに反対声明


▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。