ブログ

2020.10.04

昭和41年(1966年)11〜12月の主な出来事−世界編


9月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版VIは昭和41年(1966年)11〜12月の記事を収録していますが、その期間に世界に起きた主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版VI巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年)11〜12月の主な出来事----世界

11.8・エアハルト西独首相退陣決まる
11.8・アメリカ中間選挙、共和党進出。民主党との差を縮める
11.10・サイゴンの米軍司令部、南ベトナム駐留米軍兵力を35万2000人と発表。1週間前に比べ7000人の大幅増加
11.11・カナダとインドを含む5ヵ国、国連安保理非常任理事国に選出される
11.11・米2人乗り衛星船「ジェミニ12号」、アジェナ衛星とのドッキングに成功。ジェミニ計画終了
11.14・日米など13ヵ国、中国代表権問題を重要事項に指定する決議案を国連総会に提出
11.29・国連総会、中国代表権問題を重要事項に指定する決議案可決。イタリア提出の特別委設置案否決
12.1・西独、キージンガー連立内閣成立
12.2・国連総会、安保理の勧告に基づきウ・タント国連事務総長の再任を決める投票で同総長を再選
12.2・米軍機、ハノイの住宅密集地区を爆撃
12.4・紅衛兵、彭真元北京市長らを逮捕。文化大革命で初めて。各地でつるし上げが続発
12.13・北ベトナム、米軍機がハノイ住宅地区を爆撃したと抗議。米国防総省、北爆は軍事目標に限定していると反論
12.13・陶鋳中共中央宣伝部長、劉少奇・小平を名指しで批判
12.15・ウ・タント国連事務総長、米ハノイ爆撃に非難声明。北爆停止がベトナム和平への第一段階と強調
12.16・国連総会、南アフリカに対する経済制裁決議案を採択
12.16・国連安保理、対ローデシア強制石油禁輸決議案を可決。ソ連・フランス・マリ・ブルガリアが棄権
12.19・国連総会、「宇宙空間平和利用条約」を満場一致で可決
12.1912.19・アジア開発銀行開業(本店マニラ)
12.20・米、ネバダ州で最大の地下核実験
12.22・ローデシア、英連邦から離脱
12.23・紅衛兵の壁新聞、羅瑞卿前解放軍総参謀長を逮捕と報道
12.24・ベトナムでクリスマス休戦始まる。北爆も中止
12.26・ベトナムのクリスマス休戦午前7時に終わる。午前8時米空軍B52爆撃隊、ベトコン陣地一帯を爆撃
12.26・米国防総省、ベトナムで偶発的に民間非戦闘員地域に爆弾投下されることもありうると言明
12.28・中国、西部地区で5回目の核実験

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。