ブログ

2020.10.06

昭和41年(1966年)11〜12月の主な出来事−経済・産業・技術・労働編


9月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版VIは昭和41年(1966年)11〜12月の記事を収録していますが、その期間の経済・産業・技術・労働関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版VI巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年) 11〜12月の主な出来事----経済・産業・技術・労働

11.2・原子力委原子炉安全専門審査会(会長向坊隆東大教授)、東京電力福島第1原子力発電所について「安全性は十分確保し得る」と答申
11.3・三菱重工労連結成大会。わが国最大の企業別労働組合
11.8・公正取引委員会(北島武雄委員長)、ヤミ価格協定摘発のため大手家庭電器6社など全国19ヵ所を臨検
11.9・日韓両国の水産監視船、巻網漁の指導や取締りのため共同規制水域での共同パトロールを開始
11.12・日本航空のニューヨーク乗入れ1番機、羽田を出発
11.15・三重県紀勢町、他地区の原発反対をよそに、中部電力と精密調査実施について協定書に調印
11.17・公正取引委、大手家電関係6社等に対し価格協定の疑いで立入り検査
11.22・東京池袋の東武百貨店、旧型16インチカラーテレビを9万8800円で30台予約販売し、即日完売
11.24・アジア開発銀行創立総会開く。資本金10億ドル、総裁渡辺武
11.24・日本の九州石油、インドネシア国営石油会社ペルミナとの間に南カリマンタンの海底油田開発の基本契約に調印
11.25・東京・新宿駅西口に、世界初の駅前立体広場が完成
11.- ・住友金属、鹿島に大臨海製鉄所建設方針を決定。鉄鋼、化学、造船などで大型設備投資計画あいつぐ
12.1・今年1〜10月の日本の自動車生産実績、世界第3位になる
12.2・政府、東京電力福島・関西電力美浜の原子力発電所建設を正式に許可
12.6・第1回東南アジア農業開発会議、東京で開催(〜12.8)
12.6・物価問題懇談会(中山伊知郎会長)、大企業製品の値下げのためにカルテルの規制強化などを政府に勧告
12.8・東京電力と米GE社、福島原子力発電所建設の契約に調印。45年10月の運転開始目標に全工事を委託
12.13・物価問題懇談会、地価問題と牛乳・乳製品の価格安定について勧告し、解散
12.14・公取委、家電大手6社にテレビ価格の秘密協定破棄を勧告
12.19・アジア開発銀行開業(本店マニラ)
12.20・閣議、40年度国民所得統計を了承。国民総生産は31兆3448億円で前年度比10.3%増
12.21・外米の自由販売始まる
12.23・大手家電6社、テレビ価格協定破棄を拒否
12.24・帝国興信所・東京商工興信所、年間倒産は5919件で戦後最高と発表
12.30・日銀、卸売物価指数4.3%上昇と発表。31年につぐ大幅上昇
12.31・年末現在日銀券発行残高2兆9135億600万円

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。