ブログ

2020.10.07

昭和41年(1966年)11〜12月の主な出来事−社会編


9月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」41年版VIは昭和41年(1966年)11〜12月の記事を収録していますが、その期間での社会関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」41年版VI巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和41年(1966年) 11〜12月の主な出来事−社会編

11.1・都内最後の無電化村だった青ヶ島が電化
11.4・谷川岳で千葉商科大学ワンダーフォーゲル部員凍死。群馬県警、谷川岳沢登り全面禁止警告を出す
11.4・東京都地盤沈下対策審議会、答申で都内のゼロメートル地帯拡大傾向を表明
11.5・厚生省、40年国民生活実態調査の結果発表。2万余世帯の2割が「食べるが精一杯」と回答
11.10・総評・社会党等が「腐敗政治の佐藤内閣を打倒し、国会解散を要求する」中央集会を開催(東京・日比谷)
11.13・全日空YS11型機、松山沖で墜落、50人全員死亡。戦後初の国産機事故
11.15・政府、自動車の排気ガス対策に、官公庁車に浄化装置取付けを閣議決定
11.18・大学生約50人、米海軍省から受注の輸送船建造契約破棄を要求し三菱重工業ビル正門前で抗議行動、機動隊と衝突し4人逮捕
11.22・鹿児島県熊毛郡上屋久町の口永良部島新岳で火山爆発
11.25・警視庁、インチキ手形の「東京大証」手入れ、水野社長を福岡市で逮捕
11.25・日本婦人有権者同盟、自民党主要派閥の政治資金追跡調査結果を発表。供応などへの献金流用を問題視
11.27・春闘共闘委主催の第2回物価メーデー、全国298ヵ所で開催、275万人参加。代々木の中央国民大会には約23万人参加
11.30・徳島ラジオ商殺し事件で無罪を訴え続ける富士茂子、逮捕後12年3ヵ月で栃木刑務所を仮出所
11.- ・原宿族の騒音公害に怒った地元住民が追放運動を始める
11.- ・群馬県、谷川岳遭難防止条例を制定
12.1・はしか予防の生ワクチン、全国で発売開始。保健所などでの集団接種はせず、接種料は最高1000円
12.5・青梅事件差戻し審公判、東京高裁で開く
12.6・大阪府の堺・和泉・泉大津3市合併汚職で久保泉大津市長・河野同市会議長ら賛成派市議9人贈収賄容疑で逮捕、反対派4人も逮捕
12.6・公害防止事業団(原文兵衛理事長)、四日市市に工場排気公害を遮断するため中央防災緑地建設と決定
12.7・宗教団体・総評など共催の「紀元節復活反対国民集会」、東京・渋谷で開催
12.9・日本基督教団、建国記念日決定に抗議声明。関西で学者らも抗議
12.16・日本婦人有権者同盟など「七婦人団体議会活動連絡委員会」主催、「黒い霧」追及集会
12.20・共産系70人、米原潜佐世保入港に対し抗議行動
12.20・東京地裁、結婚退職制は違憲と判決、住友セメント女子社員勝訴
12.22・警察庁、警視庁・各道府県警に車の押収を含む「無謀ダンプカー」取締りを緊急通達
12.27・東京地検、小林章自民党参院議員の公選法違反の証拠がつかめず再び不起訴の裁定
12.31・この日までに交通事故による死者数は1万3904人に達し、史上最悪を記録
12.- ・42年4月にかけて東京・横浜・大阪など6都道府県で広島県産生ガキの中毒続出。原因は養殖海域の汚染

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。