ブログ

2020.12.15

昭和42年(1967年)1〜2月の主な出来事−社会編


11月に刊行致しました「新聞集成 昭和編年史」42年版Iは昭和42年(1967年)1〜2月の記事を収録していますが、その期間での社会関係の主な出来事です。

詳しくは「新聞集成 昭和編年史」42年版I巻末の年表を御覧下さい。
昭和の戦後史、現代史を調べる参考になれば幸いです。
ご購入はこちらから

昭和42年(1967年)1〜2月の主な出来事−社会編

1.1・谷川岳で駒草山岳会員遭難。3人が猛吹雪に巻込まれ、2人は11日にヘリコプターで救出されたが、残りの1人は死亡
1.3・北陸地方に大雪。9日にかけて信越地方をはじめ全国各地が猛吹雪に襲われ、国私鉄各線で特急列車などの運休や遅延が相次ぐ
1.10・谷川岳で駒草山岳会員の救助活動をしていた新潟県三条市捜索隊が、雪崩に巻込まれて二重遭難、5人死亡
1.12・日本血液銀行協会、買血を4月から全廃、預血のみとすることを決定
1.14・17日にかけて北海道と日本海側が猛吹雪に見舞われ、鉄道各線に遅れが出る。全国各地にも雪が降り、鹿児島市では13僂寮兩磴魑録
1.18・三鷹事件の竹内景助獄死。45歳
1.21・公選法改正により総選挙に投票できなくなった新成人の青年が、東京地裁に「選挙権行使を求める仮処分」申請。25日に執行停止請求と選挙人名簿登録請求の提訴、27日東京地裁請求却下
1.23・愛知・千葉・山梨での連続女性殺人事件で、混血少年を別件逮捕
1.23・自治省消防庁、41年の火事実態を発表。焼死者は戦後最高
1.24・東京都都市公害部、スモッグ警報発令。発令時間6時間で過去最長
1.25・日本農村医学会、第8回「農民の健康会議」で、42.3%の農民が農薬中毒と報告される
2.2・ベトナム話合いの会、在日米兵を通じて米の母や妻にベトナム停戦を訴えるカードを送る運動の推進決定
2.3・農林省、国民の栄養水準調査結果を発表。40年の国民の1日栄養摂取量は西欧の約70%
2.4・厚生省、政府による初の原爆被爆者実態調査の結果発表。40年11月現在の生存者29万8500人
2.7・労組活動の限界で争われていた静岡安西郵便局事件で最高裁が異例の自判。「点検闘争は認めるが強行立入りは有罪」と、実刑破棄し執行猶予の判決
2.8・東京地検特捜部、共和製糖不正融資事件で菅貞人前社長ら7人逮捕
2.11・初の建国記念日、各地で祝賀行事や抗議集会開催
2.15・羽田空港ビルで時限爆弾による殺人未遂事件起る。2人重体。原因は負傷者の1人を狙った爆殺未遂。24日に容疑者
2人逮捕。この年、東京駅・新幹線車内・山陽電鉄車内などで同種の事件続発
2.17・沖縄本島の石川市で火災、68世帯が被災。沖縄で戦後最大の火災
2.19・成田市三里塚の新東京国際空港予定地内に、反対同盟の第1号団結小屋完成
2.21・日本婦人有権者同盟、総選挙での政界浄化運動・青空演説会による啓蒙運動で「明るい社会賞」(朝日新聞社)受賞
2.21・水質審議会、群馬県渡良瀬川の流水基準を答申
2.23・警視庁が血清豚密売のグループの摘発を開始。コレラワクチン製造に使われた豚が食品メーカーに流れていたことが判明、ソーセージの売れ行きがガタ落ちとなる
2.25・横須賀で、社共両党と現地実行委共催の米原潜入港抗議集会
2.- ・東京都板橋区の調査で、工場地帯の学童の肝臓障害発生率は住宅街児童より高いと判明

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。