新着情報

RSS

2017/03/21

昭和38年(1963年)11月三井三池炭鉱事故


昭和38年(1963年)11月9日、福岡県大牟田市の三井三池鉱業所三川鉱の坑内で大爆発が起こりました。原因は炭塵への引火によるガス爆発で、爆発後発生した一酸化炭素中毒により、死者458人の他に839人も一酸化中毒患者が出、戦後最悪の炭鉱事故になりました。急発展する産業に安全対策が追いつかなかった時代の出来事です。

「新聞集成昭和編年史」38年版VIでは三池炭鉱事故に関する記事を多く集めています。
その目次を紹介いたします。 「新聞集成昭和編年史」38年版VIについてはこちらからどうぞ
 「新聞集成昭和編年史38年版VI」の分野別目次より                
◇三井三池炭鉱事故
三池炭鉱(三川鉱)で坑内大爆発・百七十一遺体を確認・三百五十人なお不明………88
まっ黒い死体次々と…・三池鉱の爆発事故………89
家族、涙もなく放心・奇跡的に二十四人脱出・三井三池………90
狠困犬鶚疂欅造鯆謬據鉱山監督局が原因調査………91
合理化が原因ではない・安田三井三池鉱業所長語る………91
保安は完備のつもりだった・栗木三井鉱山社長談………91
英紙が一面トップ扱い・二つの事故………91
米国でも大々的に報道………91
三池惨事・労使に衝撃・保安問題が再燃・炭労、合理化の不備追及へ………92
政府、事態を重視・野党、責任追及の構え・二つの事故………103
選挙戦の争点に・野党、政府の責任追及・炭鉱爆発、鶴見事故………112
二大事故に各党声明………112
偶発事故ではない・総評が声明………113
二大事故で特別委・総評、人命保護に対策………113
鉱山爆発、現地に対策本部・石炭合理化事業団から十億円融資………113
死者は百二十七万円・労災保険金の支払い・労働、大蔵両省………113
脱線していた炭車八両・炭ジン爆発の原因か・三井三池第一斜坑で検証………114
ぜひ原因の究明を・有沢石炭合理化部会長談………114
石炭協会対策を練る・三井鉱山問題………114
出炭不振に拍車・再建計画、大幅修正へ・爆発事故の三井鉱山………114
三井鉱山株が暴落・修正平均、本年の新安値・東証前場………115
死者、四四九人・坑内にまだ四人・三川鉱………115
時間ぶり助かる・小宮さん、死との戦いに勝つ・三池事故………115
三池鉱で服喪休業………115
炭住街に葬送の灯・三井三池………115
涙にあふれる三池のヤマ元・町をあげて野辺の送り………116
二大事故の背後にあるもの・横須賀線と三井三池鉱の惨事・薄い牋汰喚瓩悗隆圭・発展にともなう無理も…122
池田首相、抜本策を指示・閣議二大事故対策決める………130
石炭各社長に災害防止警告・福田通産相………131
業界、三井三池の爆発事故を重視・石炭不足は必至・日経連炭鉱保安闘争激化を警戒…131
大手の十七社で配炭に協力・石炭協会の三池事故対策………132
三川鉱の再開、当分無理・栗木三井鉱山社長語る………132
参院石炭特別委「三池事故」で質疑活発………142
技術調査団原因究明に乗出す・三池事故………143
緊急融資で見舞金支給は十分できる・栗木三井鉱山社長、政府に報告………143
総評など抜本策要請・二大事故………143
人命無視に根本の原因・両事故で総評声明………143
炭車暴走と断定・三池鉱爆発事故の誘因・合同捜査会議………154
炭車の火花で爆発か・福岡県警車輪などを押収………154
保安確保に緊急策を・参院石炭特別委で決議………154
三池遺族援護に万全を・参院社労委で決議………155
現地を視察・福田通産相・大牟田………156
狠翔脳評瓩続出・三池事故の負傷者・厚生省で緊急手配………156
両事故の委員会審議から・ダイヤ対策、保安強化・与野党が一致して指摘………162
人命をなにより優先・三池視察後、福田通産相語る………163
爆死20、ガス中毒死430・百数十人が記憶喪失・三池事故………168
三井の事故を争点にするな・池田首相、福岡で語る………172
炭じん掃除を怠る・鉱山保安局長が指摘・三池事故………176
合理化より保安優先・池田首相、三川鉱事故で語る………183
首相にひと目会わせて・怒号の三川坑口………184
あすから支払い・三池の退職金………184
神経科医を常駐・三池対策本部で決める………184
遺族の職業あっせんに協力・三池事故で次官会議………193
連結環の材質に欠陥?・三川鉱調査団炭車の張力テスト………193
悲しみの爐燭い泙張妊皚瓠三池の霊をとむらって・大牟田………199
号泣と怒号の渦・気を失う未亡人、ただうなだれた会社幹部・事故後遺族とはじめて会う・三川鉱坑口…200
中毒患者一人死ぬ・三池三川事故………200
九炭労で抗議スト・三池鉱災害………200
治療の見当もつかぬ・三川鉱、恐怖の精神障害………206
後遺症の死者四人に・事故死は計四五四人・三池三川………206
事故後初の団交・三池炭鉱………206
三川鉱、年内再開は無理・遺家族救済に全力・栗木社長談………221
仏式でしめやかに・三池爆発事故の会社葬………256
せき払い一つなく・三池報告、沈痛に・炭労大会………291
石炭不足が深刻化・三池事故の影響………304
三池事故で政府に申し入れ・炭労大会終わる………336
三川鉱事故爆発原因・爛淵召硫亅瓩あった?・調査団長語る………347
炭鉱こんどは人出不足・追打ちかけた三池事故・各社、懸命の人集め………411
企業誘致や職業訓練を実施・三池遺族対策………412
調査団が入坑・三池炭鉱………451
中毒患者は二八一人、一部に「再起不能者」・三池鉱事故で勝木司馬之助九大教授発表…451
一ヵ所に集め治療を・三池医療調査団が報告………528
遺族に弔慰金50万円・両鉱、24日に再開・三井鉱山………536
炭車逸走で炭じん・三池事故政府調査団の結論………541
事故直前に炭車脱線・三川鉱の調査団が発見・三池三川鉱爆発事故………552
三池の生産再開………552
47日ぶりに出炭・宮浦・四山鉱で採炭始る・三井三池鉱業所………581
三井三池鉱災害、医療調査団が報告・後遺症に長期治療を………581
未亡人対策など進める・三池事故で閣議了承………582
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。