新着情報

RSS

2015/07/21

昭和37年(1962年)当時の沖縄 「昭和編年史」37年版IVより

「新聞集成昭和編年史」では毎巻、沖縄関係記事を多く収録しております。
沖縄関係の歴史を調べるのに「新聞集成昭和編年史」はお役にたてると存じます。図書館や大学にどうぞお備え下さいませ。
ご購入にさいしてはこちらをご覧下さい

7月刊行の「昭和編年史」37年版IVにおいても、昭和37年当時まだ米国政府の施政統治下だった沖縄についての多くの記事を集めております。

昭和36年2月に赴任した米高等弁務官(現地の統括責任者)ポール・W・キャラウェイ中将(1961.2.16-1964.7.31)は強権を発動して琉球行政府(大田政作主席)の権限を抑制しました。 →目次参照 P291
昭和37年8月25日には琉球立法院が可決した「公職選挙法案」など7件の法案に拒否権を行使して廃案に追い込みました。  →目次参照  P487,528,544,559,571

◇沖縄関係の目次  「昭和編年史37年版IV」より
安里積千代氏は落選・沖縄での支持不足を反映・参院選………33
米議会で成立あやぶまれる・沖縄・講和前補償法案………55
沖縄の返還当分不可能・プライス議員語る………55
第二次調査団沖縄入り………112
20―25パーセント値下げ要求・民政府が配電会社に・沖縄………122
電力料金犖定瓩愼Г濱擇襦行政府・沖縄………135
沖縄調査、ヤマを越す・本土調査団………164
マキューン新民政官、昨夜着任・沖縄………185
最高責任は弁務官に・新民政官への権限委譲望めぬ・沖縄………201
第二次調査団沖縄着………259
沖縄向け砂糖輸出全面不能に・米のキューバ禁輸策で………259
本土からの輸入とまり沖縄で精糖値上がり・米の「キューバ政策」がひびく………286
強まる米民政府の狡樟榲治色瓠Σ縄…………291
狢臈沈権打倒瓩梁寮滑り出す・統一綱領を正式決定・沖縄野党三派………390
参院でも代表質問・沖縄核武装つく・近藤信一氏(社)・参院本会議………428
沖縄援助、今週から本格的検討・大田主席むかえ………441
電力料金改定を告示・一律20パーセント値下げ・沖縄………452
沖縄政策、変更なし・マキューン民政官が言明………466
琉球政府と米民政府、進まぬ米政策に憂慮………477
輸出で協力要望・大田琉球主席ら福田通産相と会談………477
三法案の承認を拒否・米民政府琉球立法院に圧力………487
米軍が最終回答・川崎ジェット機事件の賠償・沖縄………487
大田琉球政府主席、荒木文相訪問………488
大田主席、沖縄援助など要請・徳安総理府総務長官と懇談………514
立法院相次ぐ廃案を重視・与野党、不満を表明・沖縄………528
沖縄公選法、廃案へ・米民政府、行政府に通告………544
またも三法案を拒否・廃案、公選法含め七件に・沖縄………559
公選法、廃案きまる・合計七件の新記録に・沖縄………571
牴縄援助は高すぎる疂堂識.僖好泪鶲儖長が批判………571
援助額は日米折衝で・沖縄調査団報告まとまる………620
犇箙垓鉢疉枸瓩魏正・金融検査部の強化に重点・沖縄………621

沖縄関係年表 昭和37年(1962年)7〜8月
7.1 ・第6回参議院選挙で、沖縄から立候補した安里積千代氏が落選。安里氏は琉球政府立法院議員(当選6回)、沖縄社会大衆党委員長(昭和30年〜)を歴任した政治家。
7.10 ・古屋総理府総務副長官を団長とする日本政府第2次沖縄調査団一行が沖縄入り。6.15に第1次調査団が来県。
7.17 ・マキューン初代文官民政官、沖縄に着任
8.15 ・大田琉球政府主席、キャラウェイ高等弁務官の指令に従って、沖縄配電・松岡配電・中央配電・比謝川配電・北部配電の5社に対して電気料金の値下げを告示
8.25 ・キャラウェイ高等弁務官、琉球立法院が可決した「公職選挙法案」など7件の法案に拒否権を行使
8.30 ・キャラウェイ高等弁務官、高等弁務官布令第37号「銀行、銀行業務及び信用供与」を改正し、金融機関を粛正するために金融検査庁の組織と権限を強化
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。