新着情報

RSS

2014/07/25

四日市公害

「新聞集成昭和編年史」36年版Vより

戦後の高度経済成長と共に、四日市市は全国有数の石油化学工業都市として発展していったが、それと共に工場の煤煙で大気が汚染され、喘息患者が増えた。四大公害病の1つである「四日市喘息」である。又、工場廃水で海の魚から異臭が発生、騒音もひどくなった。
昭和42年に患者9人が6社に対して慰謝料請求訴訟を津地裁に起こし、5年後、患者側の勝訴で終わった。
記事は昭和36年9月13日伊勢新聞1面付

「新聞集成昭和編年史」では、四大公害病の水俣病、イタイイタイ病に関する記事も収集しております。公害関係の学習、研究にどうぞご利用ください。
前のページへ 次のページへ

▲ページのトップに戻る

新聞集成昭和編年史〜書籍版〜
新聞集成昭和編年史〜CD-ROM版〜
新聞集成大正編年史
編年史の数々
E-BOOKで試し読み!オンライン上では試し読みが可能です。
近代日本の文豪資料集成
夏目漱石集成について
芥川龍之介集成について
森鴎外集成について

当時の新聞・雑誌からそのままの形で、作家の作品、広告から消息にいたるまで、すべて収録いたしました。作家と関係のある文章、同時代評も掲載しました。年代順に、作家の活躍した時代、没後にわたって掲載しております。